情報商材と全く関係の無いお話。だってG1小倉競輪祭の決勝戦ですもん

今年最後のG1レースのファイナルとあってTV中継もあるそうで。
地上波のTV中継なんざえらく久しぶりでないかい・・・

福岡は北九州市。北九州メディアドーム、小倉競輪場で開催されている、

「第52回朝日新聞社杯競輪祭」
最終日、第12レース、S級決勝戦のお話(笑)

3日間の激闘の勝ち上がり戦を経て、今回好調の9選手が顔を並べました。

1.海老根恵太(千葉86期) 33歳 逃捲
2.市田佳寿浩(福井76期) 35歳 自在
3.深谷知広(愛知96期) 20歳 逃捲
4.新田祐大(福島90期) 24歳 逃捲
5.村上博幸(京都86期) 31歳 自在
6.飯嶋則之(栃木81期) 32歳 追込
7.山口富生(岐阜68期) 40歳 追込
8.岡部芳幸(福島66期) 40歳 自在
9.村上義弘(京都73期) 36歳 逃捲

競輪というのは、地区ごとにラインというものを組んで闘います。

今回で言うと、村上義弘、博幸(実の兄弟)、福井の市田がライン。
新田と岡部も福島同士でライン。
深谷と山口は愛知、岐阜だから中部地区。
残りはバラバラ(千葉と栃木)。

なので、他の地区のラインにくっついて様子を見る事になりますが、自力のある選手は誰ともラインを組まず、単騎で闘う場合もあります。
海老根が今回地区では千葉。南関の選手は居ませんからラインは無し、でも自力選手だから単騎での闘いを選択しています。

9村上義-5村上博―2市田
4新田―8岡部
3深谷―7山口-6飯嶋
1海老根

こんな感じでの展開になります。
村上兄弟は、兄の義弘の方が先行、捲りを主体とする選手、弟の博幸が捲りと追込を主体とする選手のため、このような並びになります。

さて、では見て行きましょう!(何をだ・・)

競輪で最も重要なのは「位置」

よって、スタート時点から全員が一斉にダッシュを始める打鐘までは、位置取りゲームに近い状態です。
だらだら走ってるように見えますけど(全部で6周)、その間皆作戦を考えながら位置を確保するわけです。

それは、ラインの先頭を走る選手の位置という事になって来ます。

各先頭選手の特長としては、

1海老根が単騎なので位置的には微妙ですが、捲り主体の選手なので狙いはどこからのラインの直後でしょう。
では、捲る気満々なのはと言えば戦法、戦歴を見ても4新田。
決勝戦で逃げた記憶が無いくらい逃げません。

9村上はレースブチ壊し屋。
頑張る選手で物凄いファンも多いんですが、なんせ決勝では本人勝つために動いてる筈なのに、展開的にはおかしなことばっかして他のラインの邪魔をしまくります。
挙句自分は着に入って来んかったりするので非常に狙いにくい選手。

4深谷は現在先行で売り出し中の新進気鋭。
若干20歳の有望株。
準決勝でも逃げてそのまま押し切ってしまうパワーを持っているので、大方の見方だと先行はここになります。

となると

48 952 1 376

または

952 48 1 376

あたりがスタート後の並びとしては想定されます。

でも、勝負どころの打鐘で、4深谷にすんなり先行させたとしたら、準決勝同様、誰も動けずそのままという事にもなりかねません。
競輪は、オリンピックで行われているKEIRINとは似て非なるものですし、強い選手が必ず勝つわけではありません。
強い選手を弱い選手が団結したり協力したりしながらいかに負かすか。が醍醐味でもあります。

新聞も含め、見方としては打鐘の位置が

376 1 48 952

もしくは

376 1 952 48(選手の戦歴から見るとこっちが有力かも。)

となります。

問題はここから。
打鐘というのは、「残りが1周半ですよん」という意味で、鐘がカンカンカンカン叩かれます。
ジャンとも聞こえますから打鐘(ジャン)と呼ばれます。

ここから誰も動かないまま最終ホームを4深谷が先行すれば、他のラインがすんなり捲るのは厳しい・・

でも、1海老根とか9村上は先に動いて来ます。
特に9村上。

となれば、最終バックで

 952 48
376 1

って・・

普通なら、7山口が優勝候補になるんですが・・G1決勝って選手でも無いし・・
一旦、9番の捲りをブロックして横に動けば、その後ろの6飯嶋は同地区では無いので、すかさず内を掬って来ます。

でも後ろがこちゃごちゃしてたら、前はすいすいと。
G1の決勝で逃げ切るってそれは物凄い事なんですが・・・でも逃げる!って選手は9村上か4深谷しか居ない・・

最後の最後に大外から4新田が来そうな。
9村上が動かない選手なら4新田は一銭も要らんのですが・・

でも、最後の最後に来るので付けてる8岡部も2着まで間に合うかどうかは運次第。

4=3、4=6、4-8
抑えで4-7と3=7?

もし3深谷に欲が出て、捲りに構えたらこっちのラインが一銭も要りません。

この時に逃げているのは9村上ですから、こらどうしようも無いです。

1海老根が先に仕掛けるのでそれに乗ってやっぱり4新田。
今んとここんな感じです。

という風に考えるのが楽しくて、G1の決勝戦だけは買っています。
もっとも、こうやって書いた時って昔から一回も当たらんのですけどね(笑)

北関東の自在屋さん、個人的には6飯嶋と7山口は応援選手なんだわ。
展開から見たら村上がブチ壊しそうなんで、新田でどーよ??

以上、ママチャリ弐號機、高塚でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (5)

    • 北関東の自在屋
    • 2010年 12月 05日

    惜しいっ!1-4!

    でも、さすが高塚さんっ!

    新田の踏み出しがほんの一瞬、遅れた感じでしたねぇ…
    海老根、単騎なら自由に自分のタイミングで動けますもんね。

    高塚さんとのメールでのやりとりで競輪祭が気になっていて
    仕事だったのですが携帯で見てしまいました^^;

    しばらく見ない間にえらいモンが出てきましたねぇ!
    96期深谷!たった56日でSS昇格って…怪物

    村上も先行日本一のプライドがあるのでしょうが全く歯が立たない感じでしたねぇ。カマシ気味に踏んだけど、第一コーナーですでに負けてましたもんね。

    何年か前の村上と金子貴志の壮絶なもがき合いが懐かしい^^;

    GPは必ず乗っかりますので是非、ご教授ください!
    ってネットビジネスじゃないんかいっ!

    • 北関東の自在屋さん>
      一番勝って欲しく無い奴が突っ込んで来てしまいました^^;
      新田がきっちりあの動作にマークなら何とか差し込めたと思うんですが・・
      ここがGPレーサーとそこまで辿り着かないレーサーの差。なのかもしれませんね。
      深谷君、ええでしょ(^^)。
      準決勝の逃げ切りは「おおおおお!」って感じでしたが決勝では村上のコメント見て買うの止めました。
      案の定、意地になって潰して後ろ引き出しただけ。
      選手としては嫌いでは無いですが、車券的には迷惑極まりない選手です(笑)
       
       

      はるまげさん>
      あら?愛知ですか?(笑)
      チャレA走ってた頃は、力違いすぎて捲りばっかで好きじゃなかったんですが、
      S級に上がって抑え先行で逃げ切ったのを見た時に、「こら強いわ」って。
      一時低迷しましたけどまだ20歳ですもんね。
      これは応援の価値アリかと(^^)

    • はるまげ
    • 2010年 12月 06日

    深谷が本当の滝沢2世!

    なんか走り方も滝沢に似てません?

    実は私深谷の地元の人間なんですよ

    影ながら応援してます!

    • 北関東の自在屋
    • 2010年 12月 06日

    こんばんは^^

    車券的に狙っちゃうタイプの選手は番手で
    捌きのうまい追込に魅力を感じるんですが
    ただ単にレースの面白さだけで言うと
    「逃げ」にプライドを持っているような
    選手同士のレースはおもしろいっすねぇ。

    「着順なんか関係ない!俺の逃げが一番!」
    みたいな心意気が見て取れると「おお!感動!」って
    なっちゃいます^^;

    高校生の時、競輪選手を目指してたんで
    なんか当時の熱い思いがこみ上げてくるんすよねぇ。

    • 北関東の自在屋さん>
      私は殆どわけのわからない所から突っ込む選手ばっかですよお気に入りは^^;
      奥山とか富生もそうですし、その他も殆ど変なタテ屋ばっか。
      千葉で無いほうの鈴木誠とか(笑)
       
      村上兄は、見てる方が楽しいですね実際。
      ありゃ買う選手ではない^^;

PAGE TOP