夢のブログ自動投稿ツール「B-tube-MAX」(革命編)

では後編、「革命編」。
サブタイの元ネタはこの商材のバナー見た時から決めてました(笑)



夢のブログ自動投稿ツール「B-tube-MAX」
のりぞう氏/インフォトップ

さて、「野望編」でブログ関係の準備は全て終了しました。

次はいよいよ「B-tube-MAX」を使用しての投稿という事になります。

キーワードは、「野望編」でも決めた通り、「クーコム」。

現在はブログ登録を終えた状態ですから、起動すると下図のような状態になります。

 

ブログ名が左上のセレクトボックスに表示されているのが解ると思います。

この後の作業は、

1.記事設定
2.投稿

これだけ。

さあ逝くぜっ!

続いて「設定」から「記事登録」を選択。
下図のようなウインドウが開きます。

新規に記事を作成するので、「新規」をクリック。

記事設定用のウインドウが開きます。
ウインドウ左側が各記事の詳細設定。
右側はオマケ機能的なウインドウです(後述)

左側を見てみると、

YouTube
楽天アフィリエイト
ニュース記事
という3つの項目が示されていますが、この3つを設定して、記事を作成することになるわけです。

チェックを入れると細部設定が開きます。

「YouTube動画自動取得」をチェックすると、

YouTube動画の検索設定ですね。
「クーコム」というキーワードでの動画は望み薄なので、ここでは「旅行」で。

続いて、楽天アフィリエイトの設定。
「楽天アフィリエイト自動取得」をチェックすると、

しかしこちらも「クーコム」では見つからない可能性が高いため、関連キーワードの「旅行」。

最後に「ニュース記事」。
これも自動取得に設定で、「ニュース自動取得」にチェックすると、

詳細についてはマニュアル読んでいただく方が解ると思いますが、記事本文や予備記事。
そこに何を挿入するかを設定します。
各タグは「@」で両脇を囲まれます。

要はここが自動投稿ツールならではの部分。
アクセルワークのツール、「ABP3」とかで、<– news –>とか記述するとこ。

画面右側は、各ASPを表示するブラウザなんです。
要は、「B-tube-MAX」を開いたまま右側のウインドウで各ASPにログインし、タグを取得して左のウインドウ「記事本文」に貼り付けるってやり方。

こんな感じで右側が開きます。
右上のセレクターを使って、様々なASPやランキングサイトに出入り出来ます。
オマケ機能なんで、それ以上の機能はありません。

設定が終了したら、「追加」または「更新(修正の場合)」をクリック。

元の画面に戻りますが、記事設定が完了しているのが解ると思います。

最後に、投稿設定。

こんなんが開きます。
ここでは、記事の投稿間隔(1時間ごとの設定)、ブログ投稿時間のゆらぎ機能が設定できます。

このツールの最も好きなところです。

ブログ投稿時間のゆらぎ機能というのは、ちょっと難しいんですが・・・

量産してブログ数が増えると、一度に投稿した場合に、ブログサービス側から疑われたり検索エンジンに嫌われたりという事があります。

そんな時に役立つのが「ゆらぎ機能」。

投稿開始がきたら、一気に多数の所持ブログが更新されるのでは無く、
たとえば10時間の投稿設定にすると、全てのブログを10時間かけて更新します。
逆に1時間だと1時間で更新完了します。

希望通りに兎か亀か。
そういう投稿機能が「ゆらぎ機能」です。

この機能は「ABP3」や、「ABPゴースト2」に付属していない機能で、これについては機能追加や搭載しない事を藤川工(BON)氏に確認しました。
ABP3」や「ABPゴースト2」は、更新かけると全部が一気に更新されます。
ゆらぎというか投稿時間のタイミングのズレだけです。

なので、ゆらぎ機能を持った「B-tube-MAX」は自然な投稿が可能。
この点が上記ツールに勝る点と言えます。

設定が完了したら、「更新」をクリックして全ての設定が終了。
ステータスバーに、次回更新の時刻が表示されます。

後は放置。
「最小化」しとけばタスクバーにこじんまりと収まって、指定時刻に更新を続けてくれます。

一番左端がそれですね。

「手動更新」もありますから、手動で更新しようと思えば随時記事更新は可能です。

さて。

最終的にどうなったのか?はご自身の目でお確かめください(笑)

「B-tube-MAX」サンプルブログ

ってあらっ^^;??
取引先最大手の倒産のニュースが入っちゃいましたけど・・・まいっか(笑)

以上が、「B-tube-MAX」の動作レビューとなります。

最後にまとめです。

自動投稿系のツールとしては、この価格としては及第点でしょうか。
直感的に使えるという点が最大の良点。
マニュアルを読まずとも、ある程度使えるというのは理想ではあります。
他のツールと上手く組み合わせて行く事で、手動投稿でもサテライト作りには適していると感じます。

また、アクセルワーク製と同様、インストール系のツールでは無いためWindowsのレジストリを汚すことが無いというのが利点。
レジストリいじるツールはやっぱ好きじゃないです。アレとか(笑)

一方、難点としては辞書機能等を搭載していないこと。
そのため平易な文章になりがちで、記事もリライト無しの引用となりますのでコンテンツが薄っぺらくなってしまいます。
そこは今後、バージョンアップ版または機能追加で対応して・・・くれるのかしら^^;

ただ安いからつって、他の自動投稿系ツールを所持、または使いこなしている方は買っても意味ねーぞーぅ(笑)

なお、バックエンドについてはごめんなさい。確認していませんので悪しからず^^;

特典については、
1.サポート期間通常30日⇒90日に延長
2.
EFFICIENT(エフィシェント)アフィリエイト
(※セールスレターページへ飛びますが売ってません)
3.「どんどん!ブログ応援団(お試し版30)」
(※せっかくなんでサーバ持ってる方は使ってみると良いかも。)

2と3の特典については、直接ダウンロード出来るようにしています。

購入画面でこれが見えることを確認してからです。


夢のブログ自動投稿ツール「B-tube-MAX」
のりぞう氏/インフォトップ

以上レビュー終わりっ!

ママチャリ弐號機、高塚でした。


ちょっとメルマガの調子が悪いので
こっちに登録お願いします。

現在プレゼントを用意しておりますっ。

↓↓
アフィリエイト高塚芳樹


久しぶりに
オサーンでも本当に結果の出る、
久しぶりの”大物”の登場です。

文書力無しOK SEO不要 ブログ、サイト無しで稼ぐ方法
↓↓
image392

 

“夢のブログ自動投稿ツール「B-tube-MAX」(革命編)” への6件のフィードバック

  1. hoge より:

    エロくない楽っこのイメージを持ちました。
     
    ところで、サテライト用途には使えそうですか?
    目的のサイトに被リンクを張りたいと思ってます。
     
    タグ入れができれば、そこにhtmlを突っ込めば実装できそうな
    気がしました。
     
    素直にABPゴースト2を使っとけと言わそうな気が・・・

    • 高塚 芳樹 より:

      hogeさん>
      サテライトとしては充分機能するかと思いますね。
      サンプルサイトのURL、Yahoo!で検索してみてくださいな。
      昨日作ったサイトなんですが、まぁまぁのキャッシュ効果です。
       
      タグは入れれますよ。
      「安くあれ」のバナー。あれタグそのまま突っ込んでますから。
      ABPゴーストと合わせて交互に投稿すると・・・ふふふっ♪

  2. すえぞう より:

    記事読みました。

    seesaaの記事の中のあのバーナーは高塚さんが協力したあの方のお店ですね。(笑)

    わかる人にしかわからないネタですみません。

  3. BB より:

    seesaaは自動投稿に厳しくすぐ削除される、なんて噂も聞いたのですが・・・。
    私が削除された経験があるわけではないですが。
    そのへんはどうなのでしょうか?

    • 高塚 芳樹 より:

      BBさん>
      Seesaaは自動投稿に限らず、なんかわけ解らんうちに削除される事はあります。
      こればっかりはどのへんまでやると削除なのかセーフなのかという明確な箇所が無いので、
      試してみるしかない。といういい加減な返答に・・・^^;
      サンプルブログの行く末で解るかと思いますです(笑)
       
      対応ブログを増やしてくれればかなり使えるんですけどね・・・そこがちょっと残念。

コメントを残す

サブコンテンツ

サイト管理人:高塚芳樹


名前:高塚芳樹

映画と音楽が大好きなオサーン。
とりわけ、仮面ライダー、スーパー戦隊をはじめとする特撮は自他共に認めるヲタレベル。
同様に時代劇もかなりのヲタ。
特に必殺シリーズには、異様な拘りを持つ。

元旅行代理店代表取締役(現在無職w)
2007年よりアフィリエイト活動を始め、現在は食い扶持に困らない程度には稼いでいる模様。
 
さまざまなノウハウ、ツールを試すのが好きだが、特にツールに関してはただならぬ拘りを持つ自称ツールマニア。
 

・「シュプリームアフィリエイト」バックサポート部隊隊長
・「情報業界Xファイル2009」販売者(販売終了)
 
>>管理人をもっと細かく
 
>>お問い合わせはこちらから<<
 
 

このページの先頭へ