待ってろよ、生きてろよ(追記繰り返し中)

アフィリ関連記事どころの騒ぎでもなくなって来たな・・・

福島第一原子力発電所の爆発については具体的な情報が無いとの事で、
早合点でも駄目だし落ち着き過ぎても駄目。

難しい所です。

爆発の時の映像については、BBCがいち早くアップしていました。
(※Youtubeにもアップされたので差し替えました)

http://www.youtube.com/watch?v=-KhQ9U5bpUM

外壁が殆ど吹き飛んでいる状態ですから、
かなり危険な状態と言えなくも無いですが・・

少なくとも補助建屋では無いと思うんですけど・・。
※画像来ました。屋根だけで済んでるようですね。

こちらの会見も見てみてください。

http://www.ustream.tv/channel/videonews-com-live

ただ。
逃げれる人、逃げれる方法がある人は、出来るだけ遠くがいいです。
最悪の場合は、商用原子力発電炉の事故で史上最悪と呼ばれる
チェルノブイリと同様の被害が懸念されます。

※とりあえず核爆発の経験者、ロシアの専門家は「安全だ」と言っています。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110312/erp11031222520014-n1.htm

でも昨晩の政府発表で、「避難勧告区域の避難は完了した」と言っていたにも関わらず、
未だに800名余の老人や病人がまだ区域内に残っているとのこと。

政府はこういう時こそ情報を隠ぺいせず、
正規の情報を正常に発信してくれることを願います。

ハイパーレスキューも緊急で向かっています。
※引き返したようです。

待ってろよ、生きてろよ。
リアル「救急戦隊」、自衛隊が原子炉容器冷却のために海水注入中。

しかし、こういう時こそ落ち着いて。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (10)

  1. うち(練馬区)は取り敢えず被害は免れましたが、停電に対する備えを始めています。
    懐中電灯の電池はもちろんですが、情報収集手段の確保が大事です。幸いうちには、手動充電式のラジオがありましたので、押入れの奥から引っ張り出しました。
    被災地に近い方々は、水、レトルト食品など火力と水が無くても食べられる物の二つが肝心かと思います。あとは、カセットコンロ(と水)があれば、カップ麺も活きてきます。

  2. 堂後さん>
    関東地方も大変そうですね。。
    堂後さんの無事は昨日会長んとこの書き込みで確認していたので、
    ほっとしてました。
    ただそうですね。今後は停電が心配。
    電力供給の屋台骨がアレなんで・・・
    防災グッズは今の内に揃えておいた方が良いですね。
    今後のご無事をお祈りしています!!

  3. 高塚さん>
    ありがとうございます。五体満足です。
    今回、都内の人もいろいろと備えているみたいで、コンビニに行ったところ、乾電池は単1と単2は売切れ、カセットガスも売切れ、パンとおにぎりも売切れ、お茶や清涼飲料水は在庫あり、弁当・惣菜は残り僅か、という感じです。
    しかし、こんな時に情報商材メルマガを送ってくるotty@情報商材暴露だの、心理カウンセラーの広瀬美空、税理士事務所経営者:藤井隆宏だの、もう少しで怒り心頭ですわ。
    スタイルもトップも、DMメールを控えるくらいの経営センスはないし。この業界、やっぱダメダメですね。

  4. ハイパーレスキューは帰還命令により引き返したとさっきチラッと言ってましたよ。

  5. ショックです!
    仕事のお付き合いされてる
    福島の方、津波で全部流されました。
    本人、家族は無事でした。
    でもこれからのことを考えると
    絶句です。

  6. 堂後さん>
    防災グッズはどうしてもその時にならないとなかなかってのがありますが、
    準備完了されることを願っております。
    被災地の方々の安否も心配ですが、東京にも知り合いは多数いらっしゃるので、
    消息掴めるまで気が気で無かったです。
    本当に良かったと思ったのは直下型で無かったこと。
    通信回線が死んで無かったこと。これに尽きます。
    東京で直下型やられてたらゾッとします。
     
    あと安否の確認が出来ないのはあと会長だけですが、あの人のことですから無事と信じてます。
     
    私は今後なんかやれる事は無いか・・・これを一生懸命考えます!

  7. 詐欺暴露屋さん>
    これ多分情報統制されている気がします。
    恐らく第一原発近くは相当の放射能が撒き散らされている筈。
    実際10km圏内ではメルトダウンの影響でほぼ被曝しますから・・
    核爆発で無くても連続照射での被爆が懸念されますね。
    その可能性を考慮して引き返したのだと思います。
    半径30km。これが生命線かと。
    しっかし・・政府の対応が遅い。苛々します。

  8. しずりんさん>
    これからの事は確かに大変で不安も大きいですが、
    まずは生きてる事。これが一番大切ですよ。
    身が無事で本当に良かったです。
    薄っぺらい言葉ですが、せめて気持ちは負けずに行きましょう!

  9. ひろこです。
    被災地の状況を見るにつけ、何か出来ないものかと思います、
    私のいる九州は元気です。

  10. ひろこちゃん>
    うん、なんか考えましょう。
    幸い、西日本は全くと言って良い程被害は無いわけですし。
    情報業界のアフィリエイターだからこそ出来る事。
    ↑これは思い上がり過ぎですね^^;
    「今の私たちにできること。」に訂正させていただきます。

PAGE TOP