【AYU式】フロントライン・マーケティング/Frontline Marketing Japan 株式会社(小玉歩氏)

情報商材業界において、ここ2年くらいで急速に台頭して来た2人のマーケッター。

与沢翼氏と、小玉歩氏。

与沢氏は、先日「与沢塾」で隆盛を極めたばかりですが、
今回は小玉氏の方。

小玉歩氏というよりは、AYU氏と言った方が早いか^^;


 【AYU式】フロントライン・マーケティング

Frontline Marketing Japan 株式会社(小玉歩氏)

既にあちこちでもご紹介されていますからご覧になった方も多いでしょう。

で、肝心の中身なんですが・・
これはレターに書いてあるので、そっち読んでいただく方が良いでしょう。

私はアウトライン的なお話で。

まずお断りしておきたいのは、これはあくまでも「セミナー映像集」のような位置づけですから
これまで小玉氏が行って来たセミナー動画が片っ端から収録されています。

なんで、実践型のノウハウを教えるというものでは無いということ。

ただ、ネットビジネスで短期間でここまで上がって来た実績と経歴は間違い無いものです。

このフロントライン・マーケティングも、あちこち検索してみると
面白い記事が山ほど出て来ました。

その中のどっかには、こう書いてありました(ごめんなさいどこだったかは失念)

「AYU氏がここまでの地位を築けたのは、コネと金(だったか運だったか)を持っていたから。」

なるほど一理。
でも、それは完全な勘違い。

決してそうではなかったりします(笑)

メルマガの方には書いたのでお解りですよね?

AYU氏だって、出発点は私や皆さんと全く同じ位置だったんですよ。
ほんと、全く同じ位置。
AYU氏が西野隆氏と組んで出した、「億の細道」の中でも、そういった黒歴史的(笑)部分には触れています。

彼が凄かったのは、そこからの展開ですね。

そこで立ち止まらなかった。
どんどん進んで行っちゃった。

それが例えば私とAYU氏の収益の圧倒的「差」の一因です。

とにかく「勝つ」ことへの執念が、ハンパ無かったんです。

結果的に運が良かったのかもしれない。
でも、その運だって、努力したからこそ出来たもの。
人脈も、しっかりと0から作り上げているのもまた事実です。

思考と志向。
これもAYU氏の持ち味。

自分で考えて、実際にやってみる。
検証してダメだったらすぐ次を実践してみる。

それをひたすら繰り返して行ったわけです。

実際にやってるからこそ、
「あ、これってアレと合わせたら効果あるんじゃない?」
みたいなのが出て来て、実際やってみたら当たった。

さあじゃあ次。
これをこれと組み合わせて、この流れを作れば・・・

という、思考と試行の積み重なった結果なんです。

だから、マニュアルに沿って実践する方が良い。という方だと、
これ購入しても全く意味ありません。

今よりもっと!
一歩前へ、一歩先へ!

そういう心構えがある方だけが、購入して「価値がある」って判断出来るんだと思います。

最後に、特典について。

この教材、販売期間も限定されているのと、実践面での武具が足りないのでその部分を補填します。

1.スリーステップブースター(プロジェクトAの時に限定30部で配布したもの)
2.ブログ簡単投稿ツール~bost(本体)

これでブログアフィリエイト系はほぼ終了。
と言っても、bostだけでは終わって無いんですけどね。その他色々(笑)

3.自家商材先行販売権

多分今週審査が通れば販売開始になりますが、私が共同で販売する「商材」。
あるジャンルのアフィリエイター支援商材なんですが、この先行販売を予定しています。
その商材の先行販売権利を。

4.自家商材特別アフィリ報酬単価設定

その「商材」の特別報酬単価設定です。
アフィリする際には他より有利に展開出来て良いです。

5.自家商材に関わるシークレットファイル

実はこの商材、ある秘密が隠されています。
その秘密を、丸ごとプレゼント。
少なくとも2万の価値はあるです(^^)。

(3~5のお渡しは、4月20日以降になります。)

例によって、

こちらが出ますので、ご確認の上ご購入下さい。

 【AYU式】フロントライン・マーケティング
Frontline Marketing Japan 株式会社(小玉歩氏)

購入するのであれば5分割、または10分割をお薦めします。
金額の問題よりもメンタルの問題。

一括で購入するとなかなか2回見ないという事実(笑)

ほぼ日刊のメルマガはこちらです。
裏メルマガというかなんというか、こっちが情報や特典は早いです。

*は入力必須です。

*
*
メールアドレス*
確認用メールアドレス*


ついでにも一個!!押していただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

以上、高塚でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP