転売戦国時代/小林亮太氏

9月に入って、やっぱ色々と活気が出てきましたね。

それにしても勢いのある良い販売ページです。

転売戦国時代
転売戦国時代
小林亮太氏/インフォトップ

販売者の小林亮太(RYOTA)さん、現在はまだ現役大学生です。
ヘタすると息子くらいの・・gkbr。

レターをご覧いただくとお解りの通り、Yahoo!オークションにおけるノウハウです。
モノは、「転売」。

と言っても、国内の転売ノウハウではなく、海外から輸入して転売する、「輸入転売ビジネス」です。

ページ数は199ページの基本マニュアル。
プラス、Ebayの登録方法や、Ebayの基本活用、カテゴリ検索やリサーチ方法についての動画解説が14本のボリューム。

厚手のマニュアルですね。

基本はEbayをベースに、商品をリサーチし、手配してという部分がメインになっています。
要は国内オークションへの出品⇒落札⇒配送といった基本的な部分については割とサラリと 流してあります。

そりゃその辺はほかの無料案件でも入手できますし問題はありません。

では、どのようにやっているのか。

 

輸入ビジネスで、私も実際やってみて一番苦労したのは

リサーチ

です。

ほんっと大変なんですよ。

「なんかピンときた」と思って仕入れをしても、ほぼスカります。
すごく綿密なリサーチと、その結果に基づく仕入れでないとまずコケます。

そのために使用していた「あるサイト」が、このノウハウでも必須です。

もっとも、現在ではYahoo!オークションとは切っても切れない関係ですし、
実際利用料金もプレミアム料金に上乗せされているので相性としても抜群のアイテムです。

そう、オークファン

ご多聞に漏れず、RYOTAさんのノウハウもオークファンを利用してリサーチを行う手法です。

過去の落札価格のデータを基に、利益が出そうな商品を探し仕入れ。それを国内オークションという流れ。

もっとも、バカ高いPro版を奨めたりはしていません。
プレミアム版で十分という見識です。

いや実際これは理に適っています。
実際に経験して、これで十分と私自身も思いますし。

なので、月額498円は必要ですが、これはもうただの必要経費と見ておいた方が良いでしょう。

で、次に問題になるのが、eBayで落札した際の商品の送り先。

これ、結構厳しくて、アメリカの住所が無いと発送をしてくれません。

これまでの教材では、自社製の送付先であったりするわけですが、利用料金が高かったりするのが難点。
それに対して、この教材では初心者さん用に使用できる 無料の転送会社を紹介してあります。

これは強味ですよね。

後は、面白い点が1点。

eBayというのは当然英語ですから、取引には英語必須です。
これが最大の課題という方も中にはいらっしゃいますね。

まして、リサーチして、相手に質問して発送先を伝えて・・というオークションにおける取引手順もネックになってしまいます。

ところが、現役大学生のRYOTAさんはきっぱりと言い切るわけですよ。

「輸入ビジネスのためにわざわざ英語の勉強はする必要ありません。
極端な話、英語が全くわからなくても問題ありません。」

まあ「ある方法」を使用すると、確かに英語は要りませんやね^^;
力技と言えば力技ですけど。

あと、肝心なリサーチについて。

はっきりと仕入れるべき基準、仕入れてはいけない基準が書かれていますので、これはリサーチする場合の指標となります。

ただ、それだけだと無料案件レベルとなってしまいます。

最大のキモは

「IDリサーチ」

これですよ。

実際にオークションで私が相談役として付き合っていただいている3人の方は、いずれもこの手法でやってます。
それが一番堅いし、一番手っ取り早い。って言いますね。

私自身も使用している方法です。

このIDリサーチの意味が解る方は、この教材を購入する必要はありません。

逆に、現在輸入ビジネスに挑戦しているけど、なんとなく突き抜けることができない。
または、リサーチ方法に悩んでいる。

そういう方は、この方法を取り入れることで、圧倒的に速効性のあるリサーチ方法を手に入れることができます。
オークション、とりわけ輸入ビジネスで、稼げると稼げないの線引きは、ここにあります。

個人的にはお奨め出来る教材です。

この案件と併せると、かなりの効果を期待できると思いますよ(^^)

転売戦国時代
転売戦国時代
小林亮太氏/インフォトップ

この記事、なんか役に立ったぞ!という方はこちらへ

人気ブログランキングへ

また、メルマガもほぼ日刊で発行しています。

以上、高塚でした。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (4)

    • Ryuu
    • 2012年 9月 10日

    この商材は翻訳ツールを使ったり
    オークファンで落札されたものを
    対象にリサーチする定番のオークション商材と
    ほぼ同じ内容ですか?

    • Ryuuさん>
      基本的にはベースとなるノウハウとお考えいただければ。
      なので、応用編というわけではありません。

    • kurei
    • 2012年 9月 10日

    キョロキョロ。。。

    これは、例えばeBay仕入れの転売で売り上げいくら位を
    対象にしてますか?

    • kureiさん>
      どちらかと言えば手法の解説が中心で、具体的な売り上げ幾らというような
      感じの出し方はしていません。
      売上的には販売ページをベースにしてくだたいね。という感じでしょうか。

PAGE TOP