カウンセリングライティング/よしおり(佐藤亜子)氏 その2

先行販売で既に記事を作成した方から、感想のメールをいただきました。

とにかく賞賛の嵐で「よしおりさんすげぇ!」の連呼。
どうも購入した本人が、一番興奮していたようです。

そりゃそうでしょうね。あの美技を見せられたら。

しかし、これじゃ実際にはよしおりさん、殆どもーからんやろうな・・というのが正直なところ^^;


あなたの心と対話する~カウンセリングライティング
よしおり(佐藤亜子)氏/インフォトップ

では、通常のライティングとどこがどう違うのか?

元々、この教材のテーマというのは

「どのサイトからのコピーでもない、あなただけの完全オリジナル記事」の作成ですね。

これはメルマガでのクロージングはもとより、
ペンギンやパンダと闘うための最強の武器なんです。

もう二つばかり大切なことがあるんですが(RWA購入者にはフォローメールでお伝えします。)
大切な三大要素のうちの1つです。

では、何故記事が大切なのか。

私のメルマガを読んで下さってる方はお気づきと思いますが、
私の場合、基本的に販売者から提供されたコピペ記事は使用しませんよね?

1つは、せっかく読んで下さる方がいるのに、コピペは失礼だという思いもあるから。ですが
決して文章は上手くは無いけれど、出来る限り自分のオリジナルの言葉で書きたいから。

例えば、1つの教材を紹介するにしても、他の方と同じような印象を持つということは滅多にありません。
更に言えば、何故その教材を紹介するのか?という動機づけを自分なりに納得してやりたいから、なのです。

実は、カウンセリングライティングの本質もここにあります。

紹介したい商品がある。
その商品に対し、自問自答する。
自問自答を通じて、気づいたことを記事にする。

こういう流れなんですね。

一見、膨大な作業のように思えるんですが、やってみると意外と普通のことだったりします。

そして、その手伝いをよしおりさんがしてくれる。というのが
この教材最大のポイントとなるわけです。

更にその過程も面白いですよ。

あることをするんですけど、そのあることを通じて、記事が劇的な変化を起こします。
説得材料としての立派な紹介記事になるんですね。

この手法というのは、これまでのライティング教材には一切無かった手法です。

よしおりさんのオリジナルなやり方と言っても良いでしょう。

例えば、今日、RWAのフォローメールのユーザーさんに対して、あるお願いをしました。

まあアンケートなんですけどね。

その中で、こういう質問をしました。

記事を書くのは好きですか?嫌いですか?

実に半数以上の方が、「嫌い」と答えました。

しかぁし!!

ネットビジネスでアフィリエイト系をやる以上、この「嫌い」を出来るだけ「好き」に換えんといかんのです^^;

ところが、彼女と話をしていたら、なぜ彼女がこの教材をリリースしたのか、良く解ると思いますよ。

そしてきっと 記事を書くのが「好き」になります。
それがよしおりマジック(笑)

素敵やん。

しかし、これじゃ実際にはよしおりさん、殆どもーからんやろうな・・というのが正直なところ^^;


あなたの心と対話する~カウンセリングライティング
よしおり(佐藤亜子)氏/インフォトップ

この記事、なんか役に立ったぞ!という方はこちらへ

人気ブログランキングへ

また、メルマガもほぼ日刊で発行しています。

以上、高塚でした。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (4)

    • 浜屋与平
    • 2012年 10月 17日

    カウンセリングライティング・・・。
    非常に気になってます^^;
    美容系の記事とか書くのもんのすごいキツイんですよねぇ。
    購入検討中であります。

    • ちょいエロ暴走おやじ
    • 2012年 10月 17日

    >「よしおりさんすげぇ!」の連呼

    そうでしょ、そうでしょう。
    よしおりさんのライターとしての実力はもちろん
    (以前私の教材やレポートのライティングを手伝って
    もらったことがあります)アフィリエイターとしての
    下地や誠実な人柄からも当然だと思います。

    って、実は商材販売されてたの知らなくて、
    Skype対応で忙しいところ、私ごとで勝手にSkypeでコン
    タクト取ってすっかり仕事の邪魔しておりました^^;

    ということで、
    私からも僭越ながら推薦させてもらいますよ。

    「えっ!?そういうお前は誰?」って方は高塚さんに
    聞いてください(笑)

  1. 浜屋さん>
    美容系、コスメとか他にもネイルとかフェイクタトゥーとか。
    そういった系列の物販されている方は必須と言っても良いですよ。
    なんせ自然な記事が出来上がって来るのは事実なんで。
    「えー?自分にこんなライティング力があったのか?」
    と気づかせてくれる側面もあるです。

  2. ちょいエロ暴走おやじさん>
    兄貴~。邪魔しちゃいかんしょ(爆笑)
     
    彼女はライターというよりもやぱカウンセラーですね。
    記事作成ではなく何時の間にか人生相談になるという
    あの不思議なスカイプは、一度体験すると病みつきになりますね(笑)
     
    ちょいエロ暴走おやじさんはですね。
    私の輸入ビジネスの大先輩であります。
    名前はエロいけど(笑)

PAGE TOP