リボーンアフィリエイト その2

昨日届いたメルマガ。おもしれかったです(^^)
なんかやっぱとても好きやなあ。TOMこと松原智彦氏
 
苦手だけど好きな人。
このキャラクター作りはご自身でも「真似するな」って仰ってるけど、そもそもとても真似できるシロモノじゃない^^;
本人は完全に解ってやってる確信犯だし(笑)

この路線でいい線行ってるのはこの方くらいかな?
 
それでも私ゃ私の輪道を往くのみ。ぐじぐじっとクリックおながいっ!
人気ブログランキングへ

というわけで、昨日の続きですね。

リボーンアフィリエイト
全581P!副業サイトアフィリエイト正攻法マニュアル!リボーンアフィリエイト
宮武 大輔氏/インフォトップ

こちらのレビュー、後半戦です。

昨日は、マニュアル編のパート1。 

システマテック戦略編 (29P)
参入ジャンル編(45P)
プログラム選定編(51P)
キーワード選定編(56P)
について見ていただきました。

今読み返すと酷い…「書かれています」って何回書かれています?(苦笑)
あまりにも恥ずかしいので、こっそり、修正させていただきました。
メルマガと違い、ブログはこれが出来るから有難いっすねぇ^^;

気を取り直して。

サイト展開編

第1章:サイト展開について考える

実質的・・ですね。
ここでは、「あなたがどれくらいの収入を欲しているのか、またその収益目標を達成するためにはどのようなサイト構成で臨めば良いのか?」
について、2パターンで紹介されています。

(1)アフィリエイトで生活するくらいの収入が欲しい方へ
正直、私もこの相談は良くいただきます。
「仕事が無くなったので専業で食べて行きたいと考えているのですが・・・」。
ここに書いてある事を全てこなせば、或いは可能なのかもしれません。

手法は、「量産」。

もっとも、保証の限りではありませんが、非常に具体的に何をどうするのかが書かれているので非常に参考になります。
ただし、この文章はちょっと初心者さん向けではありません。飛びぬけて難しいわけでもありませんが、専業目指すなら知ってなくてはならない言葉ばかりですから、これが解るということはある程度素質があるのかも。
(※もっとも、以後のマニュアルで詳細は解説されていますのでご安心を。)
 
 
(2)副収入くらいの収入があればいいという方へ
こちらは逆に、1サイトをしっかりお「育てていく」手法。

時間を掛けてゆっくり、本当に良いサイトユーザーが得するような、嬉しくなるようなサイトを丁寧に作るという感じですね。(本文より)
時間こそかかりますが、私もこっちのほうがどちらかと言えば好きかなと。

ただ、宮武氏も言うように、マイナス点もあるんです。
「個人の才覚によって収益に大きな幅がある」
こればっかしはどうしようも無かったりする・・・(笑)
 

運営タイプ実践編

第1章:運営型のサイトを行う場合の注意点

ここでは、前章を受けて「運営型」のサイト運営の実情が語られます。
「月にだいたい5万円とか10万円とかの収入があれば満足」の組ですね。

(1)ジャンル選定について
良くあるのがこれです。
「ビジネスと割り切ってサイトを運営していきコンテンツの勉強が持続できれば問題はないのですが、自分に興味が全くない」ものをビジネスとして
持続するのはなかなか苦痛。」(本文より)

量産の場合、「こりゃダメだ。飽きた」って捨てて放置というのが簡単ですが、コンテンツ運営サイトは一発勝負。
なので事前にきっちり考えなさいよ。と宮武氏は言います。

「じゃあ何をやればいいの?」
その考え方のやり方を指南してくれます。 
  

(2)基本的なサイト構造とキーワード選定
さあ、ジャンルは決まったいよいよ作成!
さて、どのようなサイトにしようか?
というわけで、キーワードの選定に入るわけですが、ここでの収益目標は「100人に1人」。
すなわち、1%。

ここで注意点が指示されますが、「量産型」と「運営型」の違いが解っていれば特に問題が無いと思います。 
 

第2章:実際のサイト作り

実際のサイト作成を開始するにあたっての必要事項、注意点などが記載された章です。
具体的に、「どういう複合キーワードが購入に結び付くのか?」が書かれ、それぞれ解説されています。

(1)サイトコンテンツの作成に関して
サイト作成の実際の事例を、サンプルを元に解説しています。
購買意欲を元にするのでは無く、あくまでも「ユーザーメイン」的な考え方です。

コンテンツをどう作成していくのか?
どんなイメージで作成するとユーザーは読みやすいのか?
どんなキーワードを盛り込めば良いのか?

私の記憶が正しければ、「直帰率」について書かれたマニュアルってこれが初めてな気がします。
もし違っていたら申し訳無いですが、物販サイトをやる上で、直帰率は絶対必須条件なので(^^)。
 

(2)情報ページ⇒アフィリエイトページの導線について
読ませる、見せるコンテンツが充実している。
でも、それだけじゃ儲かりません(当然ですが)
ここでは、「いかにアフィリエイトページへユーザーを誘導するのか」という非常に重要な点について解説されています。
いわゆる、「Fの法則」や、「3秒ルール」など、他商材でも見掛けた表現もある中、ここまで詳細に「ここには何のコンテンツを入れてどう誘導する」と書かれたものはあまり見た記憶がありません。
それだけでも具体的で、私にはとても参考になりました。 
 

(3)コンテンツ作成していく上で大事な事
更新の頻度などを含め、運営型のサイトを運営していく上での注意点が書かれています。
最大のポイントは、「ネタ切れしれないこと」
なんですが、そのネタ集めの方法については教えてくれてませんので悪しからず(笑) 
 

量産タイプ実践編

第1章:量産タイプの考え方

前章の「運営型」とは違う、「量産型」サイト運営方法について解説されたファイルです。
大体、(1)~(3)の表題だけ見ても、何をするかお解かりの人は解りますね。

まずいきなり、「ケチらないこと!」と来ます(笑)
専業レベルの方は、私も何人も知っていますが十個以上のレンタルサーバをお持ちですよね。
ここにも、「ドメイン代やサーバーも複数所有する事」とはっきり明記されています。

(1)まずは数ページのサイトを量産する
1つのジャンルに特化して、数ページのサイトを量産していく。
これが宮武氏が語る、「量産型」の根幹です。

ペラサイトではダメ。
一昔前は、アドセンスも含めペラサイトが大流行しましたが、現在は量産においても「コンテンツ内容」が求められます。
よって、1つのサイトは1ページだけのペラペラサイトでは無く、ちゃんとした内容のあるサイト。という事になります。
そしてその際の注意点についても記されています。

次に「どのような量産の仕方が良いのか?」と題して、図解でサイト構成を示しています。

(2)アクセスの出てきたサイトはどう展開していくか?
キラーページ作成が、ここで初めて出てきます。
宮武氏の考え方は、「ある程度のアクセスが集まるまではキラーページを作らない」という手法です。
「結果を出すためにはダラダラ作ってダラダラアフィリすんな!」ってわけですね。

これは一理あって、昨日ご紹介したバリューコマースあたりは、サイトの審査が結構厳しいので有名です。
うちのサイト「Strike Back」は、一発で落ちています(笑)
物販のサイトではありませんからね、仕方ない事なんですが、同様に物販サイトで内容の薄いものを作ったとしても恐らく審査に通らないでしょう。
話が逸れましたが、そういうことです。
ただ、後半はSEO対策の発リンクだの被リンクだのって話になってるので、初心者の方は突然話が高度になってしまうので「???」となるかも(笑)

(3)収益のあるサイトは作りこみをしていく
ある程度結果が出れば、内容を増やしてどんどんコンテンツを充実させていく。
これは私も好きで良く使うというか、考え方としてはこの通りです。

まず小さなサイトを複数作る。
その後、人が集まったり人気が出たサイトのコンテンツを充実させていき拡張を図る。
量産の中から、運営型を生み出すというやり方ですね。

そして量産型の締めとして、こんな一文があります。
「オールドドメイン・SEO対策スミのテンプレートを使用した方が上位表示されやすい。」

こうして、テキストは後半の「SEO・アクセスアップ作業」へと続いて行きます。

これでやっと半分です。

今日はもう一度更新するかもしれません。
明日は意地でもやっておかなくてはならないレビューがあるので!

※勘違いしてました^^;。まだまだ先でしたわん♪

とりあえず今日はここまでっ!!

リボーンアフィリエイト
全581P!副業サイトアフィリエイト正攻法マニュアル!リボーンアフィリエイト
宮武 大輔氏/インフォトップ

以上、高塚でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (8)

    • すえぞう
    • 2010年 6月 04日

    >これは一理あって、昨日ご紹介したバリューコマースあたりは、サイトの>審査が結構厳しいので有名です。
    >うちのサイト「Strike Back」は、一発で落ちています(笑)

    今年の3月にバリューコマースに申請したサイトのジャンルはゴルフのブログ(アメーバブログ)結構だらだら書いてあったが、物は試しと申請してみたら、あっさり通りました。(何でだろうここのサイトに比べて質は格段と落ちると思うのですが)

    参考に昔、申請したサイトはアドセンスに特化したもので画像が一切なく文字だけで味気ないものでした。

    審査の基準が分かりませんね。
    でも昔に比べて審査が通りやすくなったと聞きますよ。

    • すえぞうさん>
      いいえ、コンテンツの「質」はバリュコマ向きなんですそれ。
      ここは「情報商材」を扱ってる下衆サイトですもん。
      だから、別の物販サイトを登録したらあっさり通るのかもしれません(^^)。
      バリュコマにとっては中身が無い詐欺みたいなサイトと同格なんですよ(笑)

    • すえぞう
    • 2010年 6月 04日

    情報商材ってところがネックだったんですね。

    もう一回の更新って、この商材につける特典のことですか?

  1. すえぞうさん>
    いえいえ、まだマニュアルが3分の1残ってるんですよ(笑)
    すっげーでしょ^^;
    そこは面白いとこなんで、別枠でレビューしようかなーと。

  2. 高塚さん、サンクスです。セブンイレブンです。ファミリーマートです・・もういいってか^^
    はい、私もtomさん好きです。
    何ってたって広島○○ざの血が流れてるような気がするところが(笑)
    あ~「りボーン」も良さげですね。
    高塚さんのレビューでつい欲しくなってしまいますが、わたしゃあ、当分あれ一本でいかんとね~

    • さほさん>
      もうね、突っ込み方がすっかり若いモンじゃない(笑)
      広島ヤクザってそら言い過ぎですがな(爆笑)
      「リボーン」は、ちょっとだけ問題点があるんです。
      それをどうカバーするかで成果は大きく変わって来ますよね(^^)

  3. ぐじぐじっと押しておきました(笑)

    なんか高塚さんのレビューでだいたいどんなものか
    中身がわかってしまったので買いません(笑)

    初心者さんには良さそうですね^^

    • ひでまろさん>
      ひでまろさんみたいに稼げてる人には更なる上積み!というのは無いかも。
      ただ確かにこれから始めるけどどう斬り込んだらいいの?という方には最適だと思いました。
      これでHPの作成ツールがくっついてたら結構無敵のノウハウだったかもしれませんね(^^)

PAGE TOP