iBSAスマホアフィリ通信講座/株式会社PROCEED(プロシード)

ということで、お問い合わせをいただいたんでこの教材。

toptop
iBSAスマホアフィリ通信講座
株式会社PROCEED(プロシード)/独自決済

自商材、「ASB48(フォーティーエイト)」でもやっているんですが、

収益を出すために最低限必要な条件というものは3つ。存在します。

ひとつは、考え方。
これはいわずもがな。

もう一つは、手順。

例えば、あるノウハウがあって、それを実践しよう。とする際、
良いノウハウって言うのは、ほぼ確実に次へのステップが順次用意されているんです。

これは、私が見て来た
どんな教材でも同じことでした。

そして、もう一つ大切な事があります。それが、

進め方。

例えば、次へのステップが用意されていて、そこへ進んだところで

はて?これどれからやりゃいいの?

という迷いが生じてしまうと、かなり困ったちゃんになってしまいます。

そこではっきりと

「こう進むんだよ」

という手順を教えてくれれば、ごちゃごちゃ迷わなくて済むという点。

案外、これが一番大切なのかもしれません。

今私がサイト、ブログアフィリエイトと並んで強力に力を入れている分野。

それが、スマホアフィリ。

そのスマホアフィリで最もお奨めの教材、それが本日ご紹介する教材。
携帯から始まって既に6年の実績がある、株式会社プロシードさんが満を持して出したもの。

内容的には動画をメインで、実際に作業している画面とか、実際のサイトを表示して
リアルタイムで作業内容を見せてくれるのが良点。

ただ、これって実は後半がかなり面白くて、

最終的にWP(ワードプレス)を使うんですが、この解説がめっちゃ詳しいんですね。
プラグインとかカスタマイズとか。

多分、現在出ている教材群の中で、ワードプレスに関しては一番詳しく教えてるんじゃなかろうか。と思います。

で、この最大の特長というのが、ASB48で言うチーム制に似た購入者組織。

実践者同士で強力に協力し合う体制が整っているので、質問もしやすいわ問題解決もしやすいわ。
それが非常にとっつきやすく、また挫折しにくい理由。

ここまで書いたら、あれ?と思うしょ。

そうです。いかにもこれ、

「スマホアフィリ版ASB48」なんですよ(^^)。

実はASB48開発時に、かなり参考にさせて貰った教材なんです。

特典は4点。

1.スマホ作成用特製テンプレート
2.年商1億円の元ネットショッパーが教える、月100万稼ぎたいあなたへ贈るスマホサイトの作り方(PDF)
3.手つかずの新規キーワード5400個
4.オールドドメイン98リスト

5はオリジナル特典で。
手つかずの新規キーワード5400個から、更にぐぐっと特化して絞り込んだキーワード100。

購入後に、件名「特典希望」として、
決済時のメールを貼り付けてお送りください。

折り返し特典のダウンロードURLをお知らせします。

ただし。

クリックする時は注意

1回目は、特別割引価格で表示されますが、
閉じてしまうと2回目は高値表示となっちゃうんで。

だから、クリックする時は落ち着いて
深呼吸してから一発で決めて下さい。

toptop
iBSAスマホアフィリ通信講座
株式会社PROCEED(プロシード)/独自決済

 

くぉら、最近更新サボってねーか、しっかりやらんかい!
という方は下記を一発。

人気ブログランキングへ

また、メルマガもほぼ日刊で発行しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (4)

    • るあ
    • 2013年 2月 16日

    スマホアフィリ版ASB48。本当にこれやってほしいですね。いいねプレミアは確かチームで活動するみたいですけどこの商材もそうなんでしょうか?

    • るあさん>
      いやー・・まだまだスマホ版やるには私が実力不足ですよ^^;
      2年くらいやってみて、おし!と思えば・・
                     ブームが去っとるやろな・・^^;

    • タグピョン
    • 2013年 2月 27日

    高塚さん、いつもお世話になっています。

    タグピョンです。

    この教材、実は持っています。

    スマホもPCも、SEOは同じなので、

    やり方はそう変わらないと思いますよ。

    違うところは、ユーザーの属性が若いので、

    扱うジャンルがPCアフィリとちょっと違うことぐらいでしょうか。

    • タグピョンさん>
      ですね。結果的にはスマホのSEOって、PCと良く似て来ているというか
      ほぼ同じ仕組みを使うようになって来てるので
      案外PCのアフィリサイトの感覚で作れるのは美味しいかもしれませんね。
       
      ・・・確かにユーザー層は若い・・・

PAGE TOP