「PRIDE」と「下克上」 トレンドアフィリの雄は? その2

ということで2回目。

ついにランキング1位となった


PRIDE(プライド)
森本 清美氏/インフォトップ

と、トレンドアフィリのこれまでの雄

【下克上】GEKOKUJO~脱ノウハウコレクター教材~
株式会社move/インフォトップ

新旧交代なるか?と見てる人も居ると思いますが、
前回書いたように、2つの教材はそれぞれトレンドアフィリを扱っていますが
完全に似て非なるものだと言えます。

というのは、前回も書いた通り、

ショートレンジのトレンドか
ロングレンジのトレンドか

という、攻め方の異なる

今回は、手掛けやすさは?という点について。

これはですね・・。

手掛けやすい。という点だけで言うと、「下克上」に軍配が上がります。

「下克上」は、最初にSo-netブログを開設する手順ですが、
「PRIDE(プライド)」の場合は、作業スタートがWordPress(ワードプレス)を設定して、サイトを作成する手順です。

ただ、最終的にはどっちもSo-net(ソネット)を利用する形なんで、
そういう点では共通してます。

記事数は、「下克上」は不定。
「PRIDE(プライド)」は800~1000文字を、おおむね20記事。

ただ、So-netに関しては基本10記事。
これはGoogle Adsense(グーグルアドセンス)の審査をやるには充分な記事数。

ただ、「PRIDE(プライド)」の中で、1点、面白い点があります。

それが「チェックシート」。

作業の漏れは無いか、そしてちゃんと手順通りに行えているか。
チェックシートを使ってチェックする仕組み。

これは、段階を追ってアフィリエイトをして行く上では
非常に良い仕組みと言えますね。

次回は最終回。

では、どんな人がどっちを買えば良いのか?
についてお話したいと思います。

ではまた次回!

 

続いての記事はこちら 続きはこちら 下剋上、?プライド?

 

可能でしたら最後に一発お願いします。

人気ブログランキングへ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • しゅう
    • 2013年 7月 05日

    「PRIDE」と「下克上」 トレンドアフィリの雄は? その3が
    気になりますよ~
    お待ちしてます!!

PAGE TOP