季節外れの変態、お前の正体は何だ?

こんばんは、高塚です。
今、近くのコンビニへタバコ買いに行って戻って来ました。

我が家からコンビニに行くのに歩いて一番近いルートというのが
下図で示されている赤い部分。

2件の家の間にある小さな砂利道の路地です。

ちょうど家の建っている隙間を通って行く感じ。

nazonazo

ちょっと前までは、ここって夜行くと真っ暗闇で
いかにも夜道をとぼとぼとって感じだったんですけど

最近、左側の家の人がスポットライトを設置してくれました(黄色の奴)

人に反応するセンサー付きの奴なんで、人が通ると路地がパッと明るくなります。
おかげで、30秒ほどは道が見えて非常にありがたい。

何でこんな話をするかと言うと・・・

さっき、タバコが切れたんで買いに行こうと思ってその路地を通ろうとしました。
すると、向こうの方から人がやって来る気配。

白いマスクが遠くに見えました。

まあ路地とは言っても元々人一人通れるか通れないかくらいの狭さなんで
離合は不可能と考えて、入口で待ってました。

丁度10秒くらいですかね。

すると、暗闇の中からその人が現れました。

それがねえ・・・。また妙な格好なんですよ。
すごい違和感、これじゃない感。

上下は黒いビニールのサウナスーツみたいな奴。
口にはマスクしてて、夜中なのにサングラスかけてて、思わず変態か?と思うような恰好。

ましかし真っ黒だったんで見えんかったんだな。と思いました。

んで、大村って田舎なんで道で会っても大体挨拶するんですよ。
誰に会ってもこんばんは。って。

そこで、例によってその人が出口へ来た時にこんばんは。って声掛けました。

でも・・・
その人全く反応しなくて、じっと黙ったまま
私の横をすり抜けて、後ろの角を曲がって行きました。

変な人だな・・・まいっか。
と思って、路地に入ったらセンサーでパッと灯りが点いた。
おお♪良く見えるよ有難い。

と、ここまで読んだ貴方、変なことに気が付きました?

私が通過した時は、行きも帰りもスポットライト点きました。

ええ、そうですよ。

私が挨拶したその人は、スポットライトの点灯していない暗闇から現れたんです。

マスクの白いのが見えて、10秒近く待っていたので、
路地のスポットライトは点灯せなあかんのです。

それに気が付いたのは、帰りの道すがら。
まったく深く考えて無かったですしね(笑)

しかもですな。
よーーーーーーーーーーーーーーーーーーく思い出してみると
砂利道歩いてんだからジャリジャリ言いますがね。

無音。

そう、無音だったんです。

私が感じた違和感って、それだったんですよ。

スポットライトは点かんわ、ジャリジャリ言わんわ
変な格好しとるわ・・・。

お前一体誰や・・・誰なんや(笑)

ちなみにこのお話、脚色もなーんもしてません。
フィクションでもありません。

参ったのう・・季節外れの変態だ。

この記事は、こちらを参考にしています。

普段はメルマガメインです。って今日は出してませんけど。
明日あたりものすごいのをやります。多分。
↓↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP