Amazon.co.jp:Kindleダイレクト・パブリッシングの松竹梅

ここ2~3日、ちょっと実験をやろうかと思って
Amazon.co.jpのKindleダイレクト・パブリッシングと格闘していました。

暫くの間、無料案件とかで「電子書籍出版をしてどーのこーの」って話があったでしょ?
あれの実践版みたいなもんです。

AmazonのKindleダイレクト・パブリッシングというのは
いわば自費出版の出版スタンドみたいなもの。

なんせシェアが大きな市場ですから、人の目に付くことは割と多いわけで
そういう意味では開発しといて損は無いな、という市場です。

だから100円くらいで売ったるか、と思いながら色々と調べていたんですが、松竹梅があることが判明。
いや、松竹梅つーても2つしかないんですが・・・。

選択するのは「印税率」。

これ、35%と70%の2種類があります。

要は、1,000円で本を売った時に、印税を35%にしますか?それとも70%にしますか?
と言うのと同じ事です。

人って3つあったら真ん中選ぶ公算が高いですが、2つしか無い場合は上を選びますよね。
つまり70%の方。

で、撮らぬ狸が始まります。

「1,000円で1,000冊売ったら、70%だから70万じゃん!!」

これぞ絵に描いた餅。

確かに、単純計算ならそうですよ。
1000冊×1,000円×70%=700,000円。

ある意味凄いですよね、日本の印税なんざたかだか10%です。
それが破格の70%だってんだから、そら飛び付く人も多い筈。
そして殆どの人が、上記の計算をするでしょう。

うん、間違ってない。
でも間違い。

実は、Kindleダイレクト・パブリッシングの70%ロイヤリティオプションには、
配信コスト著者負担
という穴ぼこがあるのです。

つまりですね、

ロイヤリティ(70%)×(販売価格-配信コスト)=純粋なロイヤリティ

これが正しい計算なんです。

35%の場合はこの配信コストはかかりませんが、70%には漏れなくかかります。

配信コストってことは、容量がモノを言います。
頑張って装丁して、ファイルサイズが20MBになりました。と仮定しますよね。

1,000円で販売すると本来ならば1部あたり700円が印税。
がしかし、20MBの配信コストで1MB15円、なら300円が漏れなくかかりますから
700-300-400円。
つまり35%と何ら変わらん計算となるわけです。

では、もし20MBの本を300円で売ったら、ロイヤリティは・・・ゼロ。
500円で売ったとしても、50円也。
ちなみに35%であれば175円という逆転現象になります。

こりゃでっかい穴ぼこだのう(笑)
で案外、この部分というのは表に出て来て無いんですよね。

すなわち、最初に考えていた70%で100円販売は
5.68MBあるファイルだから、85円が配信コスト。
100円の70%は70円ですから、売れば売るほど大赤字、というわけです。

おっとろし(笑)

こりゃ逆に無料でバラ撒いて、リスト取る方が正解・・ですね(笑)

この記事は、こちらを参考にしています。

こっちではたまあーに当たらん予想を配信しています(笑)
↓↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP