リライトツールは使える?使えない?

高塚です。

以前からお話している通り、私ゃツールが大好きです。

と言っても、ツール単体で稼げるとか、ツールそのものが収益を出す、というのには興味ありません。
そんなもんあるわけないんで。

最後は、知恵と勇気!(違)

何やら面白そうな動作をして、作業を楽にしてくれそうなツール。
こういうのが特に大好きです。

で、うちのサイトの検索結果を見てみると、やっぱ根強くあるのが

「リライトツール」

なんですね。

このサイトでも、リライトツールを幾つも紹介して来ました。
鍛えてやれば、使えそうなツールが色々とありました。

ただし、前提条件として、あくまでも「鍛えてやれば使える」です。

でも、一般的な認識は違うようなんですね。

鍛えずに、最初の状態である程度文章になる、リライトツールが欲しい。
これが本音のようです。

さて、結論から申し上げると、初期状態で使えるリライトツールは存在しません。

あるよというなら持って来てみい!ただし、リライト率60%以上で。

で、良く言われるのが、提供された記事を見て「こんなので記事の素になるの??」というもの。

以前、yuikaをやった時に、販売者から提供されていた提供記事を見ての購入者さんの感想です。

いや、あの記事を見て「おお!これは使える!!」って思わないと駄目です。

あのですね、完成された記事というのは、ある意味諸刃の剣なんです。
完成された文章というのは、リライトの余地が非常に少ない。
ってことは、最小限のリライトしかしないわけで、そうなるとリライトにならない。

それは、推敲って言います。

基本的に「re write」なんだから、再度書き直すこと。
極端な話、0から書き直しをするくらいの勢いでないと、リライトとは言えんのです。

では、そういうアルゴリズムを持ったツールが存在するか?と言えば答えはNO。
よって、存在しない、という結論に達せざるを得ないんですね。

うちが外注さんを使う時に、ぶちぶち言うのがここです。
元の文章のニュアンスはそのままだけど、まったく違う文章にしてくれる。
それがリライターちゅーもんです。

原文:「むかしむかし、あるところにお爺さんとお婆さんが住んでいました。」

推敲:「昔、ある所にお爺さんとお婆さんが住んでおりました。」

リライト:「随分昔の話ですが、某所に老齢の夫婦が住んでいました。」

ね。
ニュアンスは同じ。でも違う文章、ってことです。

wcs2
W.C.S/高塚芳樹
Google Playブックス

この記事は、こちらを参考にしています。

登録しとくと何故かもーかると言われるメルマガ。
↓↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • fxlover
    • 2014年 4月 25日

    はじめまして

    最近アフィリエイトに興味を持ったので
    ランキングを見ていてここにたどり着きました。

    リライトを上手くできるようになると文章が全然変わりますね!
    自分も文章書くのを上手になりたいですw

    これも何かの縁ですのでポチをして帰りますね。

    また遊びに来ます^^

    自分はFXのブログをやっています。
    宜しければ遊びにきてください^^
    http://ameblo.jp/fx0121/

    それでは頑張りましょうのポチッ

      • 高塚芳樹
      • 2014年 4月 27日

      fxloverさん>
      文章は、とにもかくにも書き続けること。
      これが重要です。
      今後ともよろしくお願いいたします(^^)

PAGE TOP