心霊スポット

心霊スポット西海橋?「見て」から語れ

今日はWPのプラグインのテストを兼ねて。

先日のメルマガの方にはかなり詳しく書いたんですが、いわゆる幽霊が出るとされる「心霊スポット」。
長崎で一番有名な心霊スポットというのは、ここ。

saikaibashi

場所はここ。

[mappress mapid=”1″]

 

この西海橋が架かっている針尾瀬戸は、地図をズームアウトしていただくと解るんですが、大村湾と外海の唯一の接点。

※間違いです^^;、もう一つハウステンボスの脇(早岐)を通って佐世保に抜ける水路がありますね^^;

入口出口がここしかないんで、日本三大急潮のひとつに数えられています。
ただ、この接点があるために、大村湾は海水なのに湖っぽい作りのすごく変な湾で、なおかつ外海との潮の交換が少量づつしか行われないため、汚れちゃったらヘドロンロンというマイナス点も持っています。
もし、この針尾瀬戸が無ければ、大村湾は潔く湖になってたんでしょうけどね(笑)

さて、この針尾瀬戸に昭和30年(1955年)に架けられたのが「西海橋」。

当時はこれのみが、地図左下側の西彼町と、地図左上になる佐世保側を繋ぐ唯一の道路でした。
また、全国初の有料道路としての歴史も持っています。

ところが、ロケーションが急流の渦巻く針尾瀬戸、海面から40m余りの高さと相俟って、架橋当初からこの世を憂いたジャンパーが続出。
このジャンプブームは昭和50年代まで続き、「自殺の名所」という不名誉な称号をいただいてしまいました。

そのためか、不浄霊が住み着く霊の巣窟とされ、いつしか心霊スポットへ格上げされたのでした。
いつぞやもTVでやってましたしね(そん時は名称伏せて)

貧しくて赤ちゃんを育てきれない夫婦が居て、西海橋から自分たちの赤ちゃんを捨てた。
その赤ちゃんの泣き声が夜になると聞こえてくる。
橋の上でびしょ濡れになった女性の幽霊を見た
橋のたもとを親子ずれの幽霊が横切った。
トラックに何か乗った気配がしたんで足元を見ると、男の子が足首を掴んでじっとこっちを見ていた。
数多くの心霊写真が撮れまくる。

など目撃、体験談は数多くあります。

でも・・・。

こんだけネットが発達して、数多くの心霊写真があちこちのサイトに掲載されているにも関わらず、
西海橋で撮られたという心霊写真は1枚たりとて無いのです。

しかも、どの体験談を読んでも

「・・・・~らしい。」
「・・・・~みたい。」

の嵐。

不思議でしょう?
不思議ですよね。

この場所、いわくが先に立って、心霊スポットとしてまつり上げられた場所のように思えます。
私、これまで夜中に何度もここ行ったりしますけど、一度も見たことないもの(笑)

せっかくなら、某所で私を含め13人全員が見たみたいに
軍服の兵隊さんが敬礼していた奴くらいインパクトある奴が出ると、「はい、心霊スポットです」って言えるんですけどね。

現在はこの橋のもう1つ外海側に、第二西海橋が架橋され、主要幹線道路はそっちへシフト。
こちらは旧道となって、夜は以前より交通量がぐぐっと減りました。
夜中は随分と寂しい所になりましたよ。

もし、長崎にお越しの際に、「夜中是非突撃してみたいぜ!!」って方がいらしたら、ご連絡下さい。
喜んでお供させていただきまする(笑)

この記事は、こちらを参考にしています。

登録しとくと何故かもーかると言われるメルマガ。
↓↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP