ブログ量産サイト量産適した凄い破壊力のあるツールは?

どうも!高塚です。

 

本日はサイト量産やブログ量産の考え方、そして
時間を掛けずに量産できるツールについて少し触れてみたいと思います。

 

ブログの量産やサイト量産は有効なのか?

量産ブログサイト

 

例えばアフィリエイトなどをやるにしても
入口は大きい方が良いに決まっています。

例えばユニーク50程度の弱小ブログでもその数が
10個あればアクセスは10倍。

100アクセスで1本の成約の出る広告案件があるとすれば
類似キーワード、関連キーワードのブログを増やしていけば
ユニーク50アクセス×10個=5本成約という事に繋がります。

 

あくまでも概算ですが…^^;

 

一先ず言える事は、ブログやサイトは質も大事ですが勿論、
質重視のサイトは数が多いに越した事が無いって事です。

 

中でも質の高いアクセスの多いパワーブログを作るのが苦手な人にとっては、
余裕でこちらの方が強いという考えを持つ事は当然と言えば当然の話。

 

しかし、価値のないサイトやブログを作っても全く意味が無いのです。

 

ブログ量産ツールサイト量産ツール自動投稿ツールの未来

 

実は以前にも少し触れたこちらの教材の販売者の小西さん
YouTubeで稼ぐ方法 

実は彼も量産系や自動投稿系のツールで時短を図り
サイトを量産していたようです。

ただ、昔はそれで通用していた時代もありましたが、
今ではGoogleの評価基準も厳しくなり、低品質なサイトを嫌い傾向が
中途半端でないくらい強くなってきています。

これらを考慮すると、今後はかなり厳しく価値のないページは飛ばされています。

 

まだまだ全てではないものの無差別に量産したバックリンクや
人が読んでも面白くない 何の価値もないツールで記事を量産したようなサイトやブログは、「作る意味がない」と言う結果に
陥るという事です。

まあこれを考慮すると意味のない量産は、無駄になるという事。

 

ツール好きの私も量産ツールを使い倒した時代もありましたが
今ではほぼ使用しておりません。

 

ツールを使うよりコンテンツとして面白いものを自分で作る方が良いのです。

 

しかし、そこで大きな壁にぶち当たるわけですが、
それは時間です。

 

記事を書くと言えど、大なり小なり時間が掛かります。

ここで大事なポイントとなるのが時間省略。

元々、量産系ツールって時短のために作られたのが発端ですが
いつの間にか、使えば稼げる…というような趣旨に捉える事が増えわーーーっと価値のないサイトなどが出てきたのが発端。

Googleの検索サービスは検索結果を検索する人に価値のある順位で
その情報を表示させるサービスですから そういった何の役にも立たない情報や
得体のしれないアフィリ商品などを推奨するサイトが上位にきていたのでは
サービスそのものに支障が出るという事でアップデートを繰り返しているのです。

 

その意に反しているのが自動量産、バックリンクツール、バックリンクサービスなどです。

そしてもう一つ検索エンジンどころか、ブログサービスの削除対象となるのが、
文章自動生成ツールです。こういうもの⇒KIJII

 

意味不明な文章を貼りつけただけのようなコンテンツばかりだと
「また何かのツールで投稿しているブログだな」と削除される傾向があります。

 

サーバーの使用領域を意味のないコンテンツで
使ってどんどん投稿するのですからブログサービスからすれば
ある種、迷惑行為です^^

 

この流れを見れば今後はどんどんその手のものは使えなくなるので自分で
自力で記事を多数書いて価値のあるコンテンツを作れる人が勝ち残るという事。

 

時短を求めるなら発想力、アイデア力、タイピングの速さなどが今後求められ
知識豊富で良い情報発信する人が勝つという事です。これはアフィリだけでなく
サイトやブログなどのWEB媒体で集客するには全て共通するのです。

 

だからこそ今求められるのは簡単に文章が作れるもの、
そして自然で価値のある文章を作るものが必要です。

 

ただ機械やロボットでどれだけ頑張ろうとも、限界は確実にあります。

 

ここで重要となるであろうものが「文書リライトツール」なのです。

 

文章が書けない…と言う問題だけでなく、量産のための効率化にも繋がるのです。

 

MSR ネットビジネス、「いざ実践!」でも稼げない理由、リライトツールで高速アフィリエイト

 

●自然な文章になる。

●ツールとは言っても自分でリライトをするので自動生成ツールのような
意味不明な文章にはならない。

●1000文字程度のリライトなら数分で可能

●リライト元の記事はGoogle検索で幾らでも幅広くある。

 

誰がどう考えたってプラスにならない理由が無いし
使う事でのデメリットなど探そうにも探せないのです。

 

アフィリエイトと言うものは誘導率に対して成約率が出ますが
100アクセスに1本と言う成約率なら1000集めれば10本売れる。
これが基本中の基本です。

 

つまり1サイトで1000集められなければ
100アクセスのサイトやブログを10個作れば良いという事になりますが
1日10記事なんて無理!となる筈です。

 

しかし、こういったリライトツールをうまく使えば、
作業時間を短縮できる上により多くのブログを増やして
価値のあるサイトを作り上げていく事ができるのです。

 

使わない理由、所有しない理由など、どこにもないわけです。

大半、今となると文章が得意じゃない強いアフィリエイターさんは、結構持っているツールです。

 

MSR ネットビジネス、「いざ実践!」でも稼げない理由、リライトツールで高速アフィリエイト

 

少しまとめてみます。

1.量産は効果あるけど、量産するものが中身のないものであれば意味がなくなる。
2.作業時間が壁になり量産ができない人はリライトツールを使えばその壁を壊せる。
3.1ブログに多くのアクセスが集められなくてもブログを増やせば総合アクセスを増やす事ができる。

 

必ず肝に銘じておいて貰えればと思います。

それでは高塚でした。


ちょっとメルマガの調子が悪いので
こっちに登録お願いします。

現在プレゼントを用意しておりますっ。

↓↓
アフィリエイト高塚芳樹


久しぶりに
オサーンでも本当に結果の出る、
久しぶりの”大物”の登場です。

文書力無しOK SEO不要 ブログ、サイト無しで稼ぐ方法
↓↓
image392

 

コメントを残す

サブコンテンツ

サイト管理人:高塚芳樹


名前:高塚芳樹

映画と音楽が大好きなオサーン。
とりわけ、仮面ライダー、スーパー戦隊をはじめとする特撮は自他共に認めるヲタレベル。
同様に時代劇もかなりのヲタ。
特に必殺シリーズには、異様な拘りを持つ。

元旅行代理店代表取締役(現在無職w)
2007年よりアフィリエイト活動を始め、現在は食い扶持に困らない程度には稼いでいる模様。
 
さまざまなノウハウ、ツールを試すのが好きだが、特にツールに関してはただならぬ拘りを持つ自称ツールマニア。
 

・「シュプリームアフィリエイト」バックサポート部隊隊長
・「情報業界Xファイル2009」販売者(販売終了)
 
>>管理人をもっと細かく
 
>>お問い合わせはこちらから<<
 
 

このページの先頭へ