WordPressサイトの高速化 Part2

おはこんばんちゃ!!(^-^*)/ 夢見☆彡です。

昨日のつづきです。

 

このサイトが重いのは、WordPressが重いのではなくて、サーバ自体が重いという結論に達したわたし。

でもそれっておかしくない?σ( ̄、 ̄=)

このサイトがKAGOYAの専用サーバを使ってるということは、ほかのヒトと同居している共有サーバではなくて、このサイトだけが使っているサーバのはずです。

専用サーバがこれだけ重いのだったら、もっと文句が出てもおかしくないのにすごく重い。

もしかしてほかに原因があるのでは( ̄~ ̄;)

 

ちょうどメールの設定もしなきゃだしとゆーことで、サーバのコントロールパネルを開いてみました。

管理者のメールを開いてびっくり!ちょっとなにこれ!(゚д゚;)

 

 

メールボックスの容量300MBをはるかに越える大量のメールです。

発信者はCRON(クーロン)。日付をみると2012年からですからずいぶん前、初代の高塚さんのときでしょうかc(゚.゚*)

 

CRONとゆーのは、サーバで何かのプログラムを走らせたときに、プログラムを自動実行させるためのプロセスです。

サーバに何かのプログラムを設置してCRONを設定すれば、プログラムが指定の時間に勝手にプログラムを起動してその処理をしてくれます。

たとえばサーバ設置型のブログ自動投稿ツールとか、メルマガが指定時間に発信されたりするのはCRONのおかげです。

でも一度設置したら、たとえプログラムを削除したとしても設定を削除しないかぎり、CRONは永遠にその作業を繰り返してしまいます。

すでに動作していないプログラムが延々と動き続ければ、サーバには大きな負荷がかかりますし、サーバ内にこのようなエラーメッセージが貯まり続けてしまうことになるのです。

 

とゆーことは、このサーバにCRONを使うなにかのプログラムが設置されている(またはされていた)ということ。

エラーメッセージを手がかりに、原因を探します。

 

 

きゃばじん?TDK?なにそれ知らない(゚ペ)

どちらもWordPressには関係なさそうなのと、サーバ開設時からのエラーなので、CRONを削除しました。

ついでにメールのエラーメッセージもこつこつと全削除っ!

スッキリ(‐^▽^‐)

 

スッキリしたとこで、パフォーマンスを測定してみると

 

 

(〃∇〃v)

 

このサーバは先々代→先代→わたしと三代引き継いできたサーバなので、こんなふうに変なプログラムが入ってサーバに負担をかけてしまい、重くなってしまっているケースもあります。

ふつうのヒトはこんな使い方しませんから大丈夫だと思うんですけれど、もしかしたら変なプログラムが動いている可能性もないことはないので、一度チェックしてみるとよいかもです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP