ビットコインが上ヌケるかな?

おはこんばんちゃ!!(^-^*)/ 夢見☆彡です。

GWも後半ですねー☆

連休のかたはあと2日で天国が終わっちゃいます(ノ△・。)

 

わたしもこのお休みのあいだに、いろいろな準備をしていました。

準備というよりも実験といったほうがいいのかなっていう準備でした。

 

そういえば、ダニエル ダンさんとジョニー阿部さんが組んだ

Treasure Master Clubの募集もいよいよ大詰めみたいで

これでもかというくらいLINEやメールがきます。

 

長いのでたたみますね☆

 

 

「なんで先払いなんですか?」
「なんで出世払いじゃダメなんですか?」

「本当に参加したいんですけど、
 お金がないんです」

「お前も貧乏だったくせに、
 何で俺の気持ちが分からないんだ!?」

「結局貧乏人からも金取るのかよ!?
 他の詐欺販売者と一緒じゃないか!?」

「借金でどうにもならないんです」

「やりたいけどお金が、、、」

いつまでそんなこと言ってるのですか?

そんなこといつまでも言ってるから
現状を変えられないんですよ。

こういう人たちは、

甘えに甘えた赤ん坊のようなことしか
 言えないのですかね?

そんなしみったれた弱音ばかり
いつまでも吐いてるから

だから騙され続けて
負け続けているということに

まだ気がつかないのですかね?

とにかく人に
弱音を見せれば見せるほど、

巧妙に頭の良いものから
騙されるという現実を思い知ってください。

世の中は弱肉強食です。

自分で望む人生を手に入れたかったら、
自分自身で強い意志を持ち、

勇気をもって今までの常識を捨て
新たな非常識を受け入れなければなりません。

そのためには、
金銭的にも精神的にも肉体的にも
大きな痛みを伴わなければならないことが
ほとんどです。

現状を何も変えず
価値観も変えず
痛みも避けていたら、
何も変えることが出来ないなんて、
小学生でもわかることです。

稼ぎたくないのですか?

人生変えたくないのですか?

いつまでも弱音はいて逃げていたら、
本当に何も変わらないですよ。

そのまま何も変わらなければ、

頭のいいやつや、お金持ちや
幼少期からの洗脳のまま

企業や政府から騙され、
お金をむしりとられて

我慢ばかりの人生を終わるんですよ

とにかくこのお手紙を
じっくり読んでみてくださいよ
  ↓

http://www.the-treasure.hk/sl01/

TreasureMasterClubに、
どうしてもどうしても参加したいけど

お金がない、借金でどうにもなりません
クレジットカードも使えないです、、

そんなことを、
僕らの大事な大事な動画ページに
コメントで書き込んでる時点で

そんなことしてるから、
いつまでたっても成功できないんです。

僕に同情してもらいたいんですか?

僕が同情して、あなたを甘やかしたら
あなたは成功するのですか?

 

 

阿部さんすごいこと書いてらっしゃいますね(^▽^;)

 

 

これがホントに儲かるハナシだったらよいなって心から思います。

阿部さんのほうが命がけですけれど、参加するほうも命がけ(;´▽`A“

なんだかこわいオハナシになってきました。

 

さて、その阿部さんが

 

今年中に必ず昨年の最高値を越えます!

 

と断言していたビットコイン。

 

100万円のラインでもみ合いになりました。

この記事を書いている5月4日21:42の時点で105万4999円です。

この調子だと120万を突破しないと、またレンジ相場に巻きこまれちゃって下がってしまいます。

ここで支えきれるかどうかがポイントになりそうですね☆

 

レンジ相場というのはこういうのをいいます。

 

サポートラインというのは下限値で、レジスタンスラインというのは上限値です。

それ以下にもならないけれど、それ以上にもならないといういったりきたりの相場のことをレンジ相場といいます。

上限を突破しちゃうとブレイクアウトという突き抜けになりますからイッキにあがりだします。

でもまた抵抗線にさえぎられてしまうとおっこちていくというしくみです。

 

ビットコインがブレイクアウトすれば、ほかの仮想通貨もつられますから上昇はカンタンに予想できます。

さてどちらにいくのでしょう。

わたしはもう一回下がってブレイクアウトとみていますけれど

もし週明けに120万突破できたら一気に150万前後まで飛んでいくのではないでしょうか

 

仮想通貨の相場ってすごくムズカシイです(^▽^;)

やっぱりわたしにはムリかもしれないって思います。

 

わたしはわたしなりの準備をしよっと☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP