FIXER ▲Media Pyramid Affiliate System▲ その2

本日はレビュー2日目。

10位圏内まであと一歩。「9.7秒、それがお前のランクインまでのタイムだ。」
人気ブログランキングへ

はい、行が少ない(?)ので続き続き。

結構この商材のユーザー、多かったんですね。


FIXER ▲Media Pyramid Affiliate System▲
三浦弘之(浅岡洋司)氏/インフォカート

ただまあ、アメブロ組は殆どがこの名前知ってますもんね(笑)

恐らく(恐らくですよ)浅岡氏は色々な方の良いとこどりで吸収してやってらっしゃると思うんですが、
レター読んでピンと来た人も多いかも。

実際、マニュアル内でも3大ASPを挙げる際に、インフォトップ、インフォカートはいいとして、一番上に持ってきているのが

インフォハウス

ですもん(笑)

結構和佐大輔氏に影響受けてる部分は多いかもしれませんね。

ただ、本当にいい時の和佐氏のいい所だけを抜き出して、浅岡流に仕上げた感じです。

で、先日ちょこっと書いた、当の和佐氏の商材DVD、

THIS IS IT&ILLMATIC通信
株式会社ICC代表取締役和佐大輔氏/インフォハウス

凄い売れ行きですね。違う意味で(笑)
2日間、全体で150本だそうです。

慌てて緊急ボーナスとか付けてみていますが、案外ガッカリしてるだろうな・・当人。

まあ時代は常に流れていますし、読者もいつまでも同じ所には留まらないって事でしょうか。

経験上では、「売ろう感」が見えたときに離れた読者って、案外戻って来ないもんなんですよ。
 

気を取り直して、2回目!

【FIXER PDFファイル(9+1)】の続きです。

昨日、
 
Prologue 『FIXER』と、0章 『World Map』についてレビューしましたが、

・浅岡氏とは、ソウルフルなアツい男である。
・「FIXER」とは、「アフィリエイター」の新定義である。
・普通の人が「FIXER」と言うと引かれるが、浅岡氏が言うと何かカッコいい。

というご感想を読者の方からいただきました。

ええいっ!そういうとこしか見とらんのかいっ!!(←書き手が悪いんだと思う・・)

今日はここからですね。

1章 『Media Create』(43P)

まずは媒体となるメディアの準備。
 
浅岡流に言うと、
・FIXERとしての仕入先の確保
・FIXするために必要な場をつくる
が、メインの作業となっています。

彼が言うメディアの数は6個。
 
ASPやブログは入っていません(これはブログアフィリエイトで情報商材やるんですからあたりまえ(笑))
それ以外の、6個です。

それぞれのASPの持つ利点等が解説されながら、登録順序が記載されています。
その後、指定6つのメディアに関しての利点と登録方法が順を追って説明されていきます。
 
各メディアの利点は良く纏められていると思いましたね。
「何故このメディアが必要なのか?」について明確に示されていますから。

で、この件に関して昨日、「図解がありません」と書いたら、読者の方から「それほど不親切なんですか?」という問いあわせをいただきました。

いや、そういう意味ではなく、ちゃんと文章で書かれていますのでご安心を。
文章を読みながら進めていけば、特に問題になるような箇所はありません(笑)

この章を読み終え、実践し終えるまではキーボード苦手な人で約2時間?
早い人や、「寄騎Pro」を持っている人なら30分かからんかも(笑)
 

2章 『Lock On』(17P)

「情報を発信するジャンルをきちんと選ぶ」

これがこの章のメインテーマ。

ネタバレになりますが、外してはならないのは

・すでに具体的な悩みを持っている人がいるジャンルであること
・あなたが痛みに共感できるジャンルであること
・あなたが興味のあるジャンルであること

と浅岡氏は言います。
でも、ここまでは誰でもどんな商材でも言うんですよ。それがあたりまえのことなんで。
 
「じゃあそれを具体的にどう探せばいいんだよ。」
恐らく、殆どの人がそう言うと思います。

そこを突破する方法が解説されているんですが、こーれは時間かかるぞぉ(笑)
作業であって、作業で無い。そんなやり方ですから。
これはPC得意、不得意なんかぜーんぜん関係ありません。PC使わんし。
恐らく、1週間うんうん言う人も居るし、3日であっさりって人も居るかも。

でも、この過程が一番大切だと思います。
私もこの「逆襲」始めるまで半年以上考えましたから(笑)

 
3章 『Heart Break』(46P)

ここで解説されている項目は以下の通り。

1.ブログタイトルを決める
2.ブログサブタイトルを決める
3.アメブロに30記事アップする
4.プロフィールを書く
 

さて。一見簡単そうに見えるこの作業。
浅岡氏は、何故46Pも裂いてこんな事をくどくど書いているんだ?って思った方もいらっしゃるでしょう。

でも、私個人的にはこの章大好きなんですよ。
考え方がカチッと嵌り過ぎて、涙出るほど嬉しかった。というシロモノ。

読むと解りますが、これは、「浅岡流コピーライティング」なんです。
実は「ブログアフィリエイト、稼げません」って組は殆どこれを無視していたりします。

一言で言えば、「エキセントリック」(笑)

その考え方について、とにかく上手く解説されています。
ここってこれだけでも充分価値のある章なんですよ(^^)。

ちなみにこのお話は、昨年収録されたじゅくちょーーとの対談の中でも全く同じ話をしています。
この音声対談は、間もなくインフォゼロのレポートとして登録される筈ですからその際にでも。
 

4章 『Addicted You』(31P)

ここでは、アクセスアップについて語られますが、最大の見所はそこではありません。
「アツくなり過ぎて思い切り脱線してしまう浅岡氏」
これですよこれ(爆笑)
 
私自身は浅岡氏と面識があるわけでも無いですし、それこそアメブロの時に何度かメールのやり取りをしたくらいです。
でも、そんな中でも性格が出ちゃってるんです。

いつもクールを気取ってる積りでもいつの間にかアツくなって脱線してしまう。
左翔太郎みたいな感じですね。ハーフボイルド(笑)

書いてある事自体は、以前から続けられて来た事なので特筆すべき点はありませんが、耳が痛い人は多いかも。
私も現在、これに反することを1個だけ。やってますしね(^^)

 
4章’「アメブロ専用アクセスアップ」(おまけ)(36P)

ちょいと休憩的な章です。
アメブロのカスタマイズというテクニカルな部分になりますね。

要は「ヘッダ変更」のやり方と他ちょろちょろと。です。
やり方は書かれていますが、ヘッダ作るのってなかなか大変。
 
ただ、このブログからご購入いただいた方へはヘッダ作成は特典となりますから、変更方法だけ良く読まれて下さい(笑)
 

5章 『Plant Junkie』(22P)

「メルマガの読者集め」に関する章です。

「なぜ、ブログのアクセスアップだけではなく、さらにメルマガのゲストまで集める必要があるのか?」
「ブログの記事を更新するだけでも大変なのに、なぜわざわざメルマガまで作ってそこに手間をかけてまで人を集めなければならないのか?」

その答えは、しっかりと書かれていますが、具体的なメルマガの作成方法とかでは無く、
 
「そのメルマガを使用していったい何をするのか?」
について詳しく書かれています。

だから、記事の作成云々という項目は無く、記事作成のコツがヒント的にという感じですね。
メルマガメインで行こう!という方は別の商材。って事になるかもしれません。
 

6章 『Stoop to Conquer』(51P)

一言で言えば、「ブランディング方法」です。
 
「自分が持っている媒体をフル活用して、稼いで行くための手段」
これが解説された章です。

ここまで出来てしまうと、確実に「人気ブロガー」になれると思います。

具体例を示しながら、かなり突っ込んだ話まで書かれています。
「伸び悩んでるんだけど・・」という方は、ここ読むとすっきりするかもしれません。

購入検討していて、「悩んでるんだけど・・・」という方にクロージングする必殺テクニックが記載されていますから(笑)
 

Epilogue 『Next One』(12P)

まとめと宿題の項目。
「は?宿題?」
そう思った方も多いでしょう(笑)

ええ、宿題ですよ。浅岡氏からの。

後は、「消えないための方策」が書かれているんです。
読むと本当に普通のことなんです。でも案外出来てない人が多い。私も含めて。

この宿題、提出出来る人は、「稼げるようになる人」です。
逆に考えて期限までに提出できなかった人は、「稼げない人」です。

それくらい極端に言い切ってしまえるような「宿題」です(笑)

もっとも、これが特典となる、「Weekly FIXER Voice」に繋がってくるんですけどね。

でも、購入されたら絶対に諦めないで浅岡氏に挑戦して下さい。

 

本日はここまで。
というわけで、当ブログの特典のご説明を。

主にこの商材に沿った形での特典となりますね。
 

1.メアド取得用の2種類。「捨てアド君SP」と、「寄騎Lite」。

2.Ameblo用オリジナルヘッダ作成

3.コメント周り用ツール「楽コメ」

 
上記の特典申請より申請を行っていただければ(^^)。

明日は残りの特典類のレビューをやっていきたいと思います。


FIXER ▲Media Pyramid Affiliate System▲
三浦弘之(浅岡洋司)氏/インフォカート

以上、ママチャリ弐號機、高塚でした!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

  1. Maddydogです。

    応援ぽちしに来ました。

    なんか難しそうな教材ですね。^^

PAGE TOP